お知らせ

すすめ、夢へ向かって

投稿日:2018年7月1日 更新日:

最近カロリーメイトのCMが個人的にツボです。

初の外国人女流棋士であるカロリーナ・ステチャンスカ女流1級の棋士になるまでの軌跡を、同郷ポーランド出身の監督と日本のアニメスタジオが共同で作成した短編アニメーションです。

3分ちょっとのアニメーションなんですが、すごく爽やかで、でも暖かい音と映像はスッと胸の奥に入ってきてくれるんですよね。

実は僕にも夢があったもんでして。

 

3年くらい前に僕が作った曲です。自分でupしといて何だけど恥ずかしいなw

中学2年生からギターを始めて、バンドを組んで、30近くまで続けて、全く大成しませんでした。

そして、ぱったりと音楽を辞めて1年と半年が経ちました。

15年間、毎夜といっていいほど、布団の上でギターを抱えて曲を作り続けてきた、その習慣がなくなるってことを辞める前は想像もできなかったけど、

いざ辞めてみると、なんか元から音楽なんてやってなかったんじゃないかってほど、静かで穏やか。

逆にそれがなんか嫌に思うくらい。

僕が音楽を辞めることは、僕にとっては大事件でも、この世界にとっては本当に小さな出来事で、

僕はきっと、同じようになんとなく続けてきたことを突如辞めた何万人という中のただの一人なんだなぁと実感しました。

そして、気づくことがあります。

今の僕は物凄く空っぽだということ。

音楽は僕の小さな自尊心を守ってくれていたこと。

でも今でも人の曲を聴いて感動して泣きそうになること。

人の分だけ生き方があると思いますが、僕は「夢」がなくちゃ不安になっちゃう人みたいです。

そして、その夢を音楽ではない何かに変えようとしました。

その一つがプログラミングでした。

でも、プログラミングは、多くの人の手助けができる創造的で魅力に溢れたスキルなんですが、その半面、とっても「仕事」なのです(当たり前すぎることですが…笑)。

僕はその「仕事」に飲まれてしまいそうでした。

プログラミングのスキルや構築の感覚は実務で積み重ねてきた先輩エンジニアの足元にも及ばず、

他業種からの転職の強みといっても、図面通りに鉄を削り続けてきた経験は今のところ何の役にも立たず、

毎日覚えることが多くて整理できない頭で未来の展望なんか描くことなんかできません。

「自分ってなんなんだろう」とか「こんなもんじゃないはず」とか30歳超えたおじさんが情けないとか考えて(笑)

そんな時、冒頭の動画を見ました。

動画を見て僕のなにかが変わるわけはないし、月曜からの仕事はまだ分からないことで右往左往してナエチンゲールだと思う。

けど、それでも生きていくわけだから、やっぱり夢は見ようと思うんですよね。

「プログラミングができる作曲家」。

めちゃくちゃかっこいい響きじゃありませんか(どちらもすごく半端なのでおこがましく恐縮だけれど)。

いつか、自分の好きな映像に音楽を付けることが出来たら、それはとっても幸せなことだと思う。

だからやろう。

笑われたって、頭が悪くたっていいじゃないか。少しづつでも、しっかり前に向けて歩いていこう。

そんなことを考えさせてくれた動画でした。

ちなみに動画の音楽担当しているharuka nakamuraさんはとっても素敵な作曲家です。

spotifyでもアルバムの曲を聴くことができるので、とってもおすすめです。

 

長々と自分語りをしてしまいました。

深夜のテンションが僕に取り憑いているのだとしたら、見返したら恥ずかしい内容なんだろうな。

ここまで見てくれた人がいるなら本当にありがとうございます。

なんも言えることはないけど、お互い頑張りましょう。

毎日一生懸命に生きて、夢を探して、たまに休んで、恥ずかしい思いして、それでもいつか成長を実感できる日が来たら嬉しいものですよ、きっと。

そういう日が来たらこのブログに書こうと思います。

ブログのタイトル、いい加減決めなきゃなぁ。

-お知らせ

関連記事

今年の3つの目標

このブログは主に技術備忘録です。なぜなら、日常の出来事を上手く切り出せる自信がないからです。 ブログって思っていることを書けばいいだけだと思ってましたが、漠然と考えていることを明確に言語化するってすご …

エンジニアになって思う、転職前にやっておきたかった4つのこと

どうも、こんばんは。 先日初めて自分ひとりの案件を任せられました! 簡単な要件のExcelマクロですが、初めて製造からテストまで通して自分ひとりで行えたのでとても嬉しかったです。 実際に開発を行ってみ …