Laravel-admin PHP プログラミング

【Laravel-admin】PHPのライブラリ「Laravel-admin」のインストール方法

投稿日:2018年10月29日 更新日:

どうも、こんばんは。

今日はPHPのフレームワークの中でも国内外で多く利用されている「Laravel」と、管理画面作成用のパッケージである「Laravel-admin」のインストールと使い方を解説したいと思います。

Laravelの管理画面用のパッケージはいくつかありますが、Laravel-adminは更新頻度も多くgitのスター数も多いため使用してみようって感じです。

まずはインストールから行います。もし何か参考になれば嬉しいです!

Laravelとは

Laravelとはプログラミング言語「PHP」のWEBフレームワークです。

フレームワークとはアプリケーションを動作させるために必要な部品のセットのようなものです。

多数あるPHPのフレームワークの中でも人気が高く、特に海外での普及率が伸びており日本でも注目されているフレームワークみたいです。

参考:ドキュメント – Laravel

Laravel-adminとは

「Laravel-admin」とは、「Laravel」対して「管理画面」を実装するため必要な部品を補ってくれるライブラリとなります。

管理画面には通常、ログイン認証機能や場合によってはユーザごとに表示する画面を切り替えるなどの制御が必要になると思います。

そういった機能をインストールすることで提供してくれるのが「Laravel-admin」となります。

ちなみに公式のドキュメントは英語のみとなっています。

参考:Documentation – Laravel-admin

環境

・環境:xampp

・PHP:7.2.2

Laravelのインストール

まずはLaravelのインストールです。

LaravelのインストールにはComposerというPHPの管理システムがインストールされていることが前提となります。

まだインストールしていない場合はインストールしておきましょう。

以下のサイトで分かりやすく導入手順を書いてくれています。

WindowsにComposerをインストールする方法!

Composerがインストール出来たらLaravelをインストールします。

Laravelのインストールはとっても簡単で、公式手順に従えば問題なくインストールできると思います。

以下のコマンドをコマンドラインから実行します。ディレクトリはインストール先でなくどこでも結構です。

その後、インストールディレクトリに移動し(xamppの場合はhtdocs)以下コマンドを実行します。

composer create-project laravel/laravel –prefer-dist <プロジェクト名> <バージョン>

<プロジェクト名>と<バージョン>は任意で入力して下さい。ちなみに僕は以下のような感じです。

 

上記コマンドを入力すると実行したフォルダに「project_name」というLaravelのプロジェクトが作成されます。

ちなみにこの後インストールするLaravel-adminはLaravel5.5のみのサポートとなっていますので、Laravel-adminも一緒にインストールする場合はご注意ください。

次はデータベースの設定を変更します。

プロジェクトフォルダ配下の「.env」の8~13行目辺りを編集します。

 

次にconfig/database.phpの42行目~54行目辺りを変更します。

 

これでDBの設定が完了しました。

作成したプロジェクトに移動し以下のコマンドを入力して下さい。

http://localhost:8000/ にアクセスして以下のような画面が表示されれば正常にインストールが完了しています。

Laravel-adminのインストール

Laravelが正常にインストール出来たので次はLaravel-adminをインストールします。

以下のコマンドを実行し必要なファイルをダウンロードします。

最後に先ほど作成したプロジェクト直下に移り、以下のコマンドを実行しインストールを完了します。

 

http://localhost:8000/adminにアクセスして以下の画面が表示されていればインストールが正常に完了しています。

初期設定ではUsernameとPasswordともにadminですのでログインしてみましょう。

サイドバーのメニューから「Role」や「Permission」など画面表示制御やアクセス制御に必要な機能はすでにそろっており、簡単な管理画面であればすぐに活用できると思います。

Config eroorが表示されている場合

インストール直後ではユーザの新規追加の画面などで以下のエラーがでていると思います。

Disk [admin] not configured, please add a disk config in config/filesystems.php.

 上記エラーが出ている場合は以下の記述をconfig/filesystems.phpの下の方の「‘disks’」内に「’admin’」としてドライバーを追加します。

 

上記の記述後、サーバの再起動を行えばエラーは消えると思います。

まとめ

ここまでで「Laravel」と「Laravel-admin」のインストールが完了しました。

Laravel-adminはbootstrapを使用しており、フォームの追加もコントローラーで簡単に作成でき、統一感のあるフォームが追加できる仕様になっている他、

認証方法もカスタマイズできるみたいなのでそのあたりを記事に出来たらと思います。

-Laravel-admin, PHP, プログラミング

関連記事

【Laravel】factoryを使用してテストデータを作成

factoryとは WEBアプリケーションのテストを行う際にテスト用のデータが必要になりますが、 テストデータ挿入用のSQLファイルを作成するのも時間がかかりますし、大量のデータで試験を行う場合はかな …

メール送信におけるレピュテーションとは ~IP・ドメインを育てる!!~

Webシステムにおいて、何らかの契機でメール送信を行う機能は必要とされるケースが多くあります。 僕自身、関わった案件の中でメール送信機能を実装した経験がいくつかあります。 メール送信機能の実装に関して …

【Laravel-admin】バリデーションルールの追加

どうもこんばんは。 突然ですが、先日2月15日、RISING SUN ROCK FESTIVALにてNUMBER GIRLの復活が報じられました。 NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで復活!「 …

【Laravel-admin】リレーション関係を持ったCRUD作成(1対1、1対多、多対多)

前回、【Laravel-admin】Laravel-adminで新規テーブルを作成しCRUD画面を追加する方法でLaravel-adminでテーブルのCRUD画面を作成しました。 単一のテーブルであれ …

【SendGrid】SendGridについての概要

はじめに この記事はクラウドベースのメール配信プラットフォーム「SendGrid」について紹介します。 最終的にはLaravel上に実装して、Webシステムから送信を行えるようにする予定ですが、 まず …