プログラミング 環境構築

【VirtualBox+Vagrant】VirtualBox+Vagrantで仮想環境を構築する

投稿日:

前回、仮想環境簡単設定ツール「Vagrant」のインストールで仮想環境設定自動化ツール「Vagarant」のインストールを行いました。

Vagrantを使用すれば、VirtualBox上に作成する仮想環境の設定を簡略化でき、また作成時の設定をまとめたVagrantfileを使用すれば、

同じ仮想環境を何処でもいつでも再構築することができます。

今回Vagrantを使用してVirtualBox上に仮想環境を構築していきたいと思います!

VirtualBox+Vagrantで環境構築

環境

・Windows10

・VirtulBox6.0

VirtualBoxに関しては【WordPress】WordPressをDockerToolboxを使用して構築する方法でインストールを行っています。

・Vagrant2.2.4

Vagrantfileの作成

まずはVirtualBox上の仮想環境の設定ファイルであるVagrantfileを作成します。

任意のフォルダを作成し、PowerShellを起動し、作成したフォルダに移動後以下のコマンドを実行します。

コマンド実行すると、フォルダにVagrantファイルが作成されるので以下のように編集します。

6行目:config.vm.box

作成する環境のOSを設定できます。

Vagarant公式のboxのカタログに作成できる環境のリストがありますので、こちらから作成したい環境を指定します。

今回は「centos/7」を指定しています。

8行目:config.vm.network

仮想環境のネットワーク設定となります。

privateとすることでホストOSとのみネットワークが有効となり、publicとすると同じLAN内の別端末からssh接続が可能です。

IPを指定することも可能です。

10行目~20行目:config.vm.provider

VirtualBox内の基本設定を変更できます。

上記Vagrantfileでは名称、CPU数を指定し、GUIを有効にしています。

また「vb.customize」オプションを使用することで、VirtualBoxマネージャで設定できる内容をVagrantfileで設定することができます。

上記Vagrantfileでは双方向のクリップボード、ドラッグ&ドロップを有効にしています。

その他様々な設定項目がありますので、必要に応じて設定を行ってください。詳細についてはこちらで確認ができます。

22~30行目:config.vm.provision

vm起動後に設定する項目となります。

上記Vagrantfileではdocker、CentOS7のデスクトップ環境であるGNOME Desktopのインストール、firefoxのインストール、言語設定やデフォルトのGUI設定などを行っています。

Vagrantfileを実行しVirtualBox上に仮想マシンを作成する

Vagrantfileが作成できたら、PowerShell上で以下のコマンドを実行します。

コマンド実行後、以下の画面が立ち上がりますが、インストールが終了すると再起動がかかりますのでしばらく放置します。

再起動後、設定画面が立ち上がります。

「設定の完了」を押下すると、ログイン画面に遷移しますので、パスワード「vagrant」を入力しログインを行います。

ログイン後、以下のセットアップ画面が立ち上がりますので、こちらも任意の設定を行い、完了させます。

一応Dockerがインストールされているかも確認します。

terninalを開き、Dockerのバージョン確認コマンドを押下します。

バージョンが表示されたら環境構築はひとまず完成です。

インストール後の設定

セットアップが完了後、VM上での作業効率向上のためにホストOSとゲストOSのマウス統合と、クリップボードが活用できるようにします。

セットアップ終了後、teninalを開き以下のコマンドを実行し必要なパッケージのインストールを行います。

実行後、一度シャットダウンし、VirtualBoxマネージャの設定から光学ディスクの追加の行います。

追加時に「空のままにする」を選択し、OKを押下して仮想マシンを再度起動します。

ログインしたら、上部ツールバーの「デバイス」の「Guest AdditionsCDイメージの挿入」を押下します。

ポップアップダイヤログが表示されますので、「実行する」を押下します。

押下後、認証情報の要求がありますので、ログイン時のパスワードを入力し、「認証」を押下します。

セットアップが開始しますので、しばらく待って「Press Return to close this window…」と表示されたら、Enterを押下しセットアップ画面を閉じます。

その後、再起動を行うとマウスの統合とクリップボードが使用できるようになります!

詰まったところ

当初、Vagrantfileにboxの指定に「config.vm.box = “bento/centos-7.3″」と記述していたんですが、

その場合だとGuestAdditionsのセットアップがうまくいかず詰まりました…

その後、「config.vm.box = “centos/7″」に書き換えると問題なくセットアップが完了しました。

時間があったら詳しく調べてみたいと思います。

参考

VagrantとDockerについて名前しか知らなかったので試した

VagrantfileでVirtualBoxのVMパフォーマンス向上設定

Vagrant公式

VirtualBox (Windows) 上に CentOS 7 をインストールする

-プログラミング, 環境構築

関連記事

no image

【WordPress】WordPressをDockerToolboxを使用して構築する方法

どうも、こんばんは。 突然ですが、僕は開発にもっぱらxamppを使ってきました。 自宅での開発もLaravelとWordpressのみなので、xamppでも十分なのですが、会社の開発ではxamppでは …

【Laravel&Laravel-admin】artisanコマンドまとめ

Laravelにおいての「artisan」コマンドでは簡単にコントローラやモデルの作成等が行えます。 使用のたびに公式から探すのも面倒なのでまとめておきたいと思います。 いざ調べてみると結構面白く、知 …

メール送信におけるレピュテーションとは ~IP・ドメインを育てる!!~

Webシステムにおいて、何らかの契機でメール送信を行う機能は必要とされるケースが多くあります。 僕自身、関わった案件の中でメール送信機能を実装した経験がいくつかあります。 メール送信機能の実装に関して …

【Laravel】Laravel&Laravel-adminでの論理削除 ~ORMとDBファサード~

Laravelでは論理削除を行う機能が備わっています。 論理削除と物理削除に関しては以下に詳しく紹介されています。 参考:論理削除と物理削除とは データを削除したいけれど、後々データの復元を行う可能性 …

【VirtualBox+Vagrant】仮想環境にgitとdocker-composeをインストール

はじめに 以前の記事、【VirtualBox+Vagrant】VirtualBox+Vagrantで仮想環境を構築するにて、 VagrantfileからCentOS7の環境を作成しました。 今後、この …