BFD3 Cubase

【Cubase10】CubaseからBFD3を呼び出して使用する!

この記事でドラム音源BFD3をCubaseのプロジェクトから呼び出し、使用する方法を紹介します!

 

CubaseではBFD3のみならず、外部プラグインやインストゥルメンタルなどを簡単に読み込んで使用することができます。

 

方法は「VSTプラグインマネージャー」からインストールフォルダを登録して再読み込みするだけです。

 

実際に行っている様子をスクリーンショットを交えながら紹介していきたいと思います。

 

なお、Cubaseのバージョンによって「VSTプラグインマネージャー」の場所が違うようですが、基本的な方法は他のバージョンも同じなようです!



CubaseとBFD3の連携方法

CubaseでBFD3を読み込む

Cubaseのプロジェクトを開き、上部ツールバーの「スタジオ」から「VSTプラグインマネージャー」を押下します。

「パスを追加」を押下して、プラグインファイルがインストールされているフォルダを選択し「OK」をクリックします。

「すべてのプラグインフォルダを再スキャン」を実行します。

以下のポップアップダイヤログが表示され、「OK」を押下後、「VSTインストゥルメンタル」タブにBFD3が表示されていたら読み込みが完了です。

BFD3のトラック作成

BFD3の読み込みができましたので、トラックを作成しBFD3をCubase上で操作していきたいと思います。

プラグインマネージャーを閉じ、インストゥルメンタルトラックを作成します。

OtherからBFD3を選択し、「トラックを作成」を押下します。

これでBFD3のトラックが作成できました。

BFD3のプリセットをCubaseに取り込むにはプリセットを選択し、

GrooveEditerを選択後、右側のPaletteをCubaseのイベントディスプレイに対しドラッグアンドドロップを行えば取り込むことができます。

以上がCubaseからBFD3を読み込む方法になります。

 

次回はBFD3でのチューニング等の音作りについても行っていきたいと思います。




-BFD3, Cubase

Copyright© Life.log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.