ストックサービス

海外ストックサービス大手『audiojungle』の楽曲登録方法を解説

kamotani
海外ストック型サービスの大手「audiojungle」の楽曲登録方法を紹介します!

この記事では海外のストック型サービス「audiojungle」のユーザー登録と楽曲の方法について紹介していきます!

 

本記事の内容

・「audiojungle」の特徴

・クリエイター登録と楽曲登録の方法

・「audiojungle」の楽曲登録時のカテゴリの選び方

 

「audiojungle」は海外展開が主で日本語に対応していないことからAudioStock等の国内サービスに比べると日本での知名度は低いですが、その規模自体はかなり大きいストック型サービスです。

 

また、主なサービス展開が同じく海外のShutterStockとは違い、独占的提供か他ストック型サービスを利用するか選べるようになっており、せっかく素材を持っているのでaudiojungleでも登録してみました。

 

登録してみると分かりますが、日本のサービスと比べ、ちょっと癖が強い感じですね。

 

そのあたりも含めて解説していきます。

 



audiojungleの会員登録・クリエイター登録方法

楽曲の登録をするために会員登録を行いましょう。

 

以下のページから仮会員登録を行いことができます。

 

 

氏名などの基本情報を入力すると認証用のメールが送信されるので、届いた認証メールを確認し「Verify」をクリックします。

 

国情報、メールマガジンの有無、利用規約の同意にチェックを入れ次に進みます。

 

これでひとまず会員登録は完了です。

 

ただこのままでは素材購入しかできないユーザーなので、楽曲の登録に必要なクリエイター登録を行っていきましょう。

 

クリエイター登録はTOPページのアイコンから「Become an Author」から行うことができます。

 

クリエイター条件を読み、問題なければチェックをいれ「Continue」をクリックして次に進みます。

 

ここからは素材登録に関する簡単な質問に答えていきます。

 

その中で重要なのは2つ目の質問で、Envato(audiojungleを運営する親サービス)のみで作品を登録するか、他のサービスでも同じ作品を登録するかが聞かれます。

 

Envatoでのみ販売する場合は、他のサービスでも販売する場合に比べ高い収益率を得ることができます。

 

 

収益率の詳細は以下に記載されています。

後から変えられるようなので実際に販売を始めてから様子を見るのが無難かと思います。

 

「I will sell on Envato and elsewhere」を選択して次に進みます。

 

次にどのジャンルのクリエイターかを選択します。

 

 

僕の場合は音楽なので「Music tracks and sound effects」を選択し次に進みます(複数の選択はできないようです)。

 

ここまで入力するとクリエイター登録完了です!

 

楽曲登録に進むことができます。

audiojungleの楽曲登録方法

早速登録を行っていきたいところですが、その前に一つ行っていかないといけないことがあります。

 

それはパフォーミングライツオーガニゼーション(通称PRO)への登録有無設定です。

 

PROにアカウント登録していなくても楽曲登録は可能ですが、この設定を行っていなくては楽曲の登録ができないようになっています。

 

この設定はマイページのSettingsから行うことができます。

僕はPROのアカウント登録を行っていないので「No P.R.O. affiliation」を選択して「Save」をクリックします・

 

設定を保存したら楽曲を登録していきましょう。

 

楽曲を登録するにはダッシュボードから「Upload my first item」をクリックします。

 

移動した画面でアップロードするカテゴリを選択します。

 

audiojungleのカテゴリについては少し分かりにくい印象を受けたので、次の章で詳しく紹介しています。

 

今回はゲーム用の効果音をアップしたいと思いますので「Sound Effects」を選択します。

 

カテゴリを選択したらファイルアップロードと楽曲の説明などを記載する画面に移動します。

 

このアップロードがAudioStockなどとはかなり異なっており、楽曲の登録するのに、メインの楽曲ファイルとは別にプレビュー用のmp3ファイルと80×80のサムネイル画像が必要です(これちょっと面倒です)。

 

 

価格は完全自由設定で、好きな値段を設定することができます。

 

右側に参考価格帯が記載されているので、参考にしつつ設定します。

 

曲のタイトル、説明やタグやレビュー担当者へのメッセージなどの入力が出来たら「Upload」をクリックしてアップロード完了します。

 

アップロードが完了したらあとは審査結果を待ちましょう。



audiojungleのカテゴリについて

audiojungleのカテゴリの「Music」「Music Packs」「Music Kits」が分かりにくかったので、登録されている作品を参考に調査しました。

 

一応以下にそれぞれの違いが記載されていますが、全文英語なので確実とは言えない部分もあり、実際にそれぞれのカテゴリの作品を視聴してみると明確な違いが見えてきたのでまとめてみました。

 

・Music

Musicは他のサービスと同様、BGMなどの1点ものの楽曲のようです。

 

したがって1曲だけのトラックの場合はMusicを選択しましょう。

・Music Packs

Music Packsは1つのトラックに複数の楽曲が入っているカテゴリです。

 

なお含めることのできる楽曲はすでに審査に通っているAudioJungle登録済みの楽曲です。

 

購入者側にとって、1曲1曲買うより安いお徳用パックといったところでしょうか。

・Music Kits

Music KitsもMusic Packsと同じく複数のトラックが入ってます。

 

Music Packsと異なるのは、Music Kitsでは別のトラックではなく、ミックスや一部の編集などが異なるバージョンを最大3パターンを一つのトラックで販売することができます。

 

Music Packsの楽曲を見てみると、曲の長さもかなり違うバージョンも一つのトラックに詰めて販売できるようです。

終わりに

audiojungleの会員登録・クリエイター登録・楽曲登録は以上になります。

 

国内のストック型サービスと比べると結構癖の強い印象を受けました。

 

ただ、全世界が対象のサービスなので、利用者は多いと思いますので登録できる楽曲は積極的に登録していきましょう!

 

それでは、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。




-ストックサービス

Copyright© Life.log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.